【Q&A】Laravelでのデータベース操作

こんにちは、@codeship_techです。

本日の質問がこちら。

laravelのDB:update()の使い方がわからないので教えてください。

ということで、Laravelでのデータベース操作についての質問ですね。

それではこちらの質問に答えていきます。

DB:update()は引数に、(クリエ文, 代入する実データ)を入れます。

クリエ文にはSQL文が入るので、「update テーブル名 set カラム名 = :カラム名, カラム名 = :カラム名;」のような書き方をします。

代入する実データには配列で以下のようなデータを作ります。

$配列 = [
カラム名 => "実データ",
カラム名 => "実データ"
]

21:23例えば、userテーブルのnameカラムとageカラムのデータを更新する場合以下のような記述になります。

$params = [
"name" => "airi",
"age" => 25
];DB:update("update users set name = :name, age = :age;", $params);

本日は、Laravelのデータベース操作について解説しました。

授業日記についてのご意見

CodeShipの授業について「こんな事が知りたい・紹介して」というご意見・ご提案がありましたら、CodeShip公式Twitterアカウント(【CodeShip】プログラミングスクール)までDMまたはリプライにてお寄せください。