【卒業生インタビュー】スキルを武器に就活に臨む

今回は、4ヶ月のWEBメディア開発コースを受講してこのたび卒業となりました青木さんにインタビューしました。

青木さんは文系大学生で、プログラミングとは全く縁がなかったそうです。
そこで「始めたきっかけ」から「どのような成果物を作ったのか」を詳しくお聞きしていこうと思います。

  • プログラミングを始めたきっかけが気になる!
  • CodeShipに通ってみた感想が気になる!
  • どのようなポートフォリオを製作したのか気になる!

このような疑問を持っている人には必見です。

目次

  • CodeShipに出会うまでの道のり
    • プログラミングを始めるまでのイメージはどんなものでしたか?
    • プログラミングを始めたきっかけはなんだったんでしょうか?
    • CodeShipを知ったきっかけはどういったものでしたか?
    • CodeShipを選んだ決め手はなんだったのでしょうか?
  • 受講してみて得られたもの
    • 卒業制作ではどのようなものを作りましたか?
    • 教室の雰囲気やテキストについてはどうでしたか?
    • プログラミングの楽しさはどういうときに感じますか?
    • 今後の活動についてはどう考えていますか?
    • これからプログラミングを学ぶ方に一言
  • まとめ

CodeShipに出会うまでの道のり

プログラミングを始めるまでのイメージはどんなものでしたか?

理系の人が学ぶイメージです。専門性が高い領域で、数学や物理が得意な人が好んで始めるものだと思っていました。文系だったので、プログラミングに対する偏見が少なからずあったかもしれません。

プログラミングを始めたきっかけはなんだったんでしょうか?

きっかけは、就職活動での焦りや不安からでした。
文系だとほとんどの就活生は営業職にエントリーします。でも、自分は営業職に就くことに対して気が進みませんでした。もっと他に選択肢はないのかと考えていたところ、手に職がつくエンジニアに興味を持ちプログラミングを学んでみたいと思いました。

CodeShipを知ったきっかけはどういったものでしたか?

実はCodeShipに通う前に、他のプログラミングスクールを受講していた経験があったんです。ただ、残念なことにあまりできるようにならなかったんですよね。Ruby on Railsを勉強していましたが、全然理解ができないまま卒業のタイミングになってしまいました。CSSのスタイリングもFloatなどが多く、あまり先進的な内容は身につきませんでした。

どうしても諦めきれなかったので独学で学び直していたのですがあまり学習が進まなかったんです。やっぱり独学での勉強は向いてないな思い、再度学べる環境を探していました。そのときにSNS経由でCodeShipの評判を聞き、受講してみようと考えました。

CodeShipを選んだ決め手はなんだったのでしょうか?

卒業制作を完全なオリジナルで作れるところです。
就職活動もしていたのでオリジナルのポートフォリオを製作できることは非常に魅力的だなと思いました。

あとは、担当者の熱意です。独学で何をしていけばいいかわからなかった自分に対して丁寧に教えてくれました。
以前のスクールの件もあったので、身につかずに終わってしまう不安ももちろんありましたが無償延長保証があることを知り、それも決め手の1つになりました。

受講してみて得られたもの

卒業制作ではどのようなものを作りましたか?

HTML・CSS・JavaScript・Bootstrap・PHPを使った家計簿のWEBアプリを作成しました。
こだわった点としては、JavaScriptとPHPを使ったバリテーションの処理や、パスワードのハッシュ化とFormから送られる文字列へのエスケープ処理などを行い、セキュリティの部分を意識しました。

自分で1から作るため、わからない部分を調べながら作るのはすごく勉強になりました。ただ、DB(データーベース)は初めて触るものだったのでSQLに苦戦してしまいましたが、最終的になんとかやり切ることができました。

教室の雰囲気やテキストについてはどうでしたか?

わからないことを聞けば教えてくれる環境だったのでとてもスムーズに進めることができました。あと、チーム開発授業にも参加したことでチーム開発の楽しさを知れたのは良かったです。今振り返ってみると、もう少し他の受講生の方と話をしておけばよかったなと思います。

テキストは分かりやすかったと思います。
独学だと勉強するための教材を手探りで勉強することになっていたのですが、オリジナルテキストがあることで勉強する筋道がしっかりあり自信を持って学習することができました。

プログラミングの楽しさはどういうときに感じますか?

やっぱり成果物や機能を作れたときが1番楽しいですね。とても達成感があります。
勉強しているだけだとつまらないので、アウトプットとして何か作るのが自分なりの効率的な勉強方法でした。

今後の活動についてはどう考えていますか?

再度、就職活動に打ち込もうと思います。
自社開発系のような新しめの技術を使う会社に行きたいですね。

プログラミングに関しては、PHPとMySQLを引き続きやる予定です。あとは、Laravelあたりに挑戦していきたいと思っています。

これからプログラミングを学ぶ方に一言

とりあえず楽しくやることです!
個人的にエラーを解決するときが楽しいので、エラーを恐れない姿勢が大事だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。
プログラミングは文系・理系問わず身に付けられます。
この記事を読んでプログラミングを始めてみよう・続けてみようと感じたなら幸いです。

CodeShipは短期集中型のプログラミングスクールです。
主に、3つの特徴があるので簡単にご紹介します。

  • 幅広い言語を扱っている「オリジナルのテキスト」
  • 卒業前には「オリジナルのポートフォリオを制作」
  • 初学者/未経験者でも安心して通える「無償延長保証」

もしCodeShipが気になる方は、お気軽に無料カウンセリングにお越しください。下記のURLから30秒程でお申し込みが可能です。