【評判】CodeShipと他社スクールを徹底比較

  • 未経験からどれくらいのスキルが身につくのか?
  • 人気スクールも含めて特徴や料金など比較したい
  • 転職に向けてどんなサポートが受けられるのか?

プログラミングスクールを検討されている方の中でこのようにお悩みの方も多いのではないでしょうか?

また、いざプログラミングスクールの比較をしようと検索したら10個も20個もスクール名が出てきていったいどこから比較すればいいのか分からないというのもよくある悩みかと思います。

この記事では弊社が運営するプログラミングスクールCodeShipと他社の有名人気スクールの特徴や料金などを比較していきます。
またプログラミングを学習していくうえで重要なことなどもご紹介していくので、ぜひプログラミングスクール選びや、今後の学習の参考にしてみてください。

目次

スクールに通う目的はここを大事にしよう

  • 独学で挫折したからしっかりとプロに教えてもらいたい
  • 出来るだけ時間をかけずに勉強したい
  • 実務的なアドバイスをもらいながら勉強したい

皆さんがプログラミングスクールを検討する理由は、いろいろな理由があるかと思います。
スクールの基本的な役割として「時短」や「躓きを解消してスキル習得」など学習効率のアップがありますが、プログラミングの勉強をするという手段が目的化しないようにしましょう。

プログラミングはあくまでもアイデアを形にする手段でしかありません。
プログラミングを習得して何がしたいのか?」または「プログラミングスキルを用いて今後どうなっていきたいのか」という意思を明確に持ちましょう。

プログラミングは一度学んで終わりではありません。
言語やライブラリ・フレームワーク、その他の技術はアップデートが来れば仕様の変化や機能の追加・変更があり、また企業のサービスやアプリもそれに従って絶えず進化していきます。

自分がどのような方向性でプログラミングを活かしていきたいかを把握しましょう。
スクールでの勉強もただ単にテキストを進めて分からないところは講師に質問して課題をクリアして「できた!」では数をこなすうちの1つになってしまいます。

むしろ卒業後に「講師がいなくても素早くしっかり問題解決していける」ことや、与えられる「課題ではなく自分で考えたものを実装できる」こと、また「より現場に近い実務的なプログラミングができる」といったプログラミングスキルの習得を目指して勉強していきましょう。

侍エンジニア塾

引用:侍エンジニア塾https://www.sejuku.net/?cid=menu
ポイント

フリーランス転向サポートが充実
卒業まで専属の講師が一貫して指導

学習コース

学習可能領域
HTML / CSS / PHP / Ruby / Python / JavaScript / WordPress などの中からニーズに応じて対応可能

ビジネスコース

高単価案件を獲得するためのスキル・方法や、プログラミングの基礎や応用の学習

フリーランスコース

サンプルアプリを制作し効率よくプログラミングを学習、フリーランスの案件獲得スキルなども学習

デビューコース

ホームページ作成や簡単なアプリ開発を学習

AIコース

Pythonの基礎学習を行い、チャットボットやスマートスピーカーなどを基にAIを学習

また、機械学習 / 深層学習 / 自然言語処理 / 画像 / 動画解析 / ブロックチェーン / データサイエンスなどの基礎学習とAIを基盤とした開発の学習

料金プラン

【ビジネスコース】
料金:698,000円(一般)/558,400円(学生) 受講時間:週1コマ(1コマ1時間)
受講期間:6ヶ月

【フリーランスコース】
料金:438,000円(一般)/372,300円(学生) 受講時間:週1コマ(1コマ1時間)
受講期間:3ヶ月

【デビューコース】
料金:168,000円(一般)/151,200円(学生) 受講時間:週1コマ(1コマ1時間)
受講期間:1ヶ月

【AIコース】
料金:580,000円(3ヶ月一般)/980,000円(6ヶ月一般)
493,000円(3ヶ月学生)/784,000円(6ヶ月学生)
受講時間:週1コマ(1コマ1時間) 受講期間:3ヶ月/6ヶ月

特徴

侍エンジニア塾は現役エンジニアとのマンツーマン指導型のプログラミングスクールです。
カリキュラム開始から終了まで一人の講師による一貫したマンツーマンレッスンが特徴です。

担当講師が合わないと感じた時には、別の講師へと変更することができるのも1つの特徴です。

受講生専用のQ&Aサイトでは同じような生徒の質問や講師の回答がナレッジとして共有される体制があるため、受講生は教室にいない時間も学習について分からないことがあれば調べることができる。

転職支援

卒業後にはキャリアアドバイザーから転職先の斡旋や面談の対策、またフリーランス転向の案件獲得アドバイスなどのサポートがあり初心者でも安心して転職を任せることができます。

TECH::EXPERT

引用:TECH::EXPERT https://tech-camp.in/expert
ポイント

転生保証制度付き(条件については利用規約要参照)
全国に教室展開(東京・愛知・大阪・福岡:計5校)

学習コース

オフライン通学式

学習領域:HTML / CSS / haml / sass / Ruby on Rails / JavaScript

オンラインスタイル

学習領域:HTML / CSS / haml / sass / Ruby on Rails / JavaScript

料金プラン

【オフライン通学式】
料金:598,000円 転職保証&返金保証 受講時間:11時~22時
受講期間:10週間/6ヶ月

【オンラインオフライン】
料金:498,000円 受講時間:11時~22時 受講期間:4ヶ月

特徴

TECH::EXPERTは全額返金保証がついておりカリキュラムやサポート体制なども転職に特化した、オンラインオフライン共に対応のプログラミングスクールです。

学習方法もより実務に近い形のチーム開発方式を採用しており、その中でフロントからサーバサイドにかけて設計・開発・インフラ・運用まで一気通貫で学ぶことができます。
最終課題では、自身で構築したサーバを用いてゼロからアプリ開発・リリースを学ぶことができます。

また教室も東京都・愛知県・大阪府・福岡県で合計5校開講しており、地方都市在住でもオフライン大手のスクールに通うことができるといった特徴・メリットがあります。

転職支援

TECH::EXPERTでは専属のキャリアアドバイザーがついており受講中からキャリアに関して、企業の紹介や面接の対策、履歴書の添削など幅広い支援を受けることができます。(※キャリアサポートは人数に限りがあるため選抜制)

またTECH::EXPERT限定の就活イベントでは、企業説明会や就活セミナーを開催し就活を効率化することが可能です。

継続したキャリア支援

卒業後も半年、1年、3年のタイミングでキャリアに対しての不満を無償でカウンセリングを受けることが可能です。

全額返金保証

エンジニアでの転職成功に至らなかった場合には、受講料を全額返金するといった保証が付いているため、転職に特化したい方には優しい学習設計となっています。(学習進捗や転職活動状況による全額返金保証がつかない可能性については、利用規約を詳しくご覧ください。)

イベント

TECH::EXPERTでは、テクノロジーやキャリアに関わるイベントを定期的に開催しています。

Web業界に転職した現役のエンジニアを招いたキャリア戦略セミナーなど、これからエンジニア転職を目指す方が気になる、転職の流れや準備することを経験者のアドバイスから学ぶことができます。

DMM WEBCAMP

引用:DMM WEBCAMPhttps://web-camp.io/
ポイント

転職保証制度付き(条件については申し込み時に受け取りの申込規約を要参照)
教室は毎日11時〜22時まで通い放題

学習コース

エンジニア就職・転職者向けコース

学習領域:HTML / CSS / Ruby / Ruby on Rails / JavaScript / jQuery

ビジネス教養コース(1ヶ月/2ヶ月/3ヶ月)

学習領域:HTML / CSS / Ruby / Ruby on Rails

料金プラン

【エンジニア就職転職者向けコース】
料金:628,000円 転職保証&返金保証 受講時間:11時~22時(通い放題) 受講期間:3ヶ月

【ビジネス教養コース】
料金:128,000円(1ヶ月社会人)/218,000円(2ヶ月社会人)/298,000円(3ヶ月社会人)
99,800円(1ヶ月学生)/178,000円(2ヶ月学生)/228,000円(3ヶ月学生)
受講時間:11時~22時(通い放題) 受講期間:1ヶ月/2ヶ月/3ヶ月

特徴

DMM WEBCAMPはDMM傘下となったインフラトップが運営する、3ヶ月の集中学習とTECH::EXPERT同様に転職保証制度を設けているオフラインスクールです。

受講生はプログラミングの学習は1ヶ月目に言語の基礎的な学習を行います。
2ヶ月目ではチームでECサイトの開発を進め、より現場に近い形で学習を積むことができます。
3ヶ月目で2ヶ月学んだスキルを用いて自分のポートフォリオ制作に取り掛かるといった流れで学習します。

また教室は11時〜22時までの間であれば好きな時間に通いメンターによる指導が受けられるという通い放題形式となっているため通学時間の自由度が高いと言えます。

転職保証

DMM WEBCAMPでは、カウンセリングによる生徒の強みを引き出す自己分析サポートから書類添削や面接対策、適性に合った求人の紹介によって高い転職成功率を実現しています。

転職保証

30歳未満でありDMM WEBCAMP規定が定める受講条件を満たすことで受講生は転職保証制度を受けることができます。

全額返金保証

DMM WEBCAMPが定める規定をクリアした上で転職成功に至らなかった場合には、受講料の全額返金を受けることができます。(転職保証制度や全額返金制度の規定に関する情報は申し込み時に受け取りの申込規約をご参照ください)

CodeShip

引用:CodeShip https://code-ship.wemotion.co.jp/
ポイント

無償延長保証制度付き
選択コース修了後、他コースのカリキュラム受講可能

学習コース

初心者向け

WEBメディア開発コース:HTML5 / CSS3 / PHP / WordPress
WEBフロントエンド開発コース:HTML5 / CSS3 / Bootstrap / jQuery

中級者向け

WEBアプリ&データ処理コース:HTML5 / CSS3 / Python / Flask
SNS開発コース:HTML5 / CSS3 / Ruby / Ruby on Rails

上級者向け

ゲーム開発コース:C# / Unity
先進WEBサービス開発コース:JavaScript / React

料金プラン

【シングルプラン】
料金:350,000円 無償延長保証対象:1コース 受講時間:週3コマ(1コマ2時間) 受講期間:4ヶ月

【ダブルプラン】
料金:600,000円 無償延長保証対象:2コース 受講時間:週4コマ(1コマ2時間) 受講期間:6ヶ月

特徴

CodeShipは現役エンジニア講師とのマンツーマン質問型プログラミングスクールです。
それぞれの受講期間の最後の1ヶ月を卒業制作期間に当てており、講師のコードレビューや設計指導などを受けながら就活や転職に役立つより高いレベルのオリジナルポートフォリオを制作することが可能です。

それぞれのコースに対して『無償延長保証』がついており、選択したコースの技術が身につくまで教材・教室の使用、現役プロエンジニア講師への質問、カウンセリングの希望など受講中のサービスを受けることが可能なため、身につかないまま中途半端に卒業してしまうというスクール失敗あるあるを防ぐことができます。

また選択したコースの修了後、卒業までの期間内であれば追加料金等なしで全コースのカリキュラムが受講可能です。
月に2回開催されるチーム開発コンペでは他の生徒とチームとなり、より実際の開発現場に近い状態で企画や設計、チーム開発を学ぶことができます。

転職支援

CodeShipでは転職一体型のコースを2種類提供しており、業界内での転職や他業界からの転職などパターンによって分けられる学習スタイルが提供されています。

またキャリアアドバイザーによる書類添削からキャリアビジョンの設定相談、面接対策まで徹底した転職支援を受けることが可能です。

学習先行スタイル

”実質無料”の学習先行スタイルではスクールで学習後、就業支援サポートにて転職を成功させることでスクール代金の全額キャッシュバックを受けることが可能です。

転職先行スタイル

”完全無料”の転職先行スタイルでは就業支援サポートにて転職を成功させた後、完全無料で通うことができます。

イベント

CodeShipでは、プログラミング修得を目指すプログラミング初心者向けにWEBプログラミングのハンズオンイベントを定期開催しています。

レスポンシブ(スマホ用)デザインに対応したWEBサイトを開発し、サーバにアップロードするハンズオンを通して実務的なコードの書き方や勉強の仕方など学ぶことができます。

イベント内では参加者のニーズに合わせてキャリアプランのアドバイス実施なども。

イベントレポートはこちら↓

無料プログラミングスクール

ここまで有名どころを抑えながらスクールの紹介をしてきましたが、世間には無料のプログラミングスクールも存在します。

しかし、無料を一番の理由にスクールへ通うことはオススメしません。

まず講師やシステム、場所や教材などお金がかかる部分がたくさんあるにも関わらずなぜ無料でスクール教育を提供できるのかという部分ですが、基本的に事業の利益を人材の斡旋で賄うという方針で成り立ちます。

そういった無料のスクールでは転職保証や就職保証を売りにしていることが多いのですが、スクール側が提供できる転職・就職の案件から実際に転職・就職しない場合は受講料が後からかかってしまう場合が多いのです。

せっかくスキルを身につけて主体的にキャリアを形成していこうというところで、自分の転職・就職先を絞られてしまっては元も子もありません。

またスクール側も受講生を企業へ斡旋することが事業のゴールであるため、受講生のキャリアビジョンに沿った斡旋ができなくても強引に転職や就職活動を進めてしまうケースもあるため注意が必要です。

これは他のスクール比較記事などでも書かれることが多い内容ですので、もしそれでも無料スクールを検討したいという方はこの事実を認識した上で検討するのをおすすめします。

まとめ

プログラミングスクールごとに学べる学習領域の広さや深さであったり、料金や転職サポートについてなど特徴は様々です。

またプログラミングスクールには無料個別相談会やカウンセリングが付いていることが多いため、まずはしっかりとメンターやキャリアアドバイザーと相談し、キャリアビジョンや学びたいスキルについても自分自身をより深く知るようにしましょう。

これからプログラミングスクールに通うまたは検討をされている方は卒業とスキルの習得をもって、より素早く高いレベルでその後のキャリア形成をスタートすることを目指しましょう。


おすすめ記事